2013年09月30日

無知は、戦争へとつながる。。。

みなさんは、関東大震災をご存知ですね?
1923年(大正12年)9月1日に、関東で起きた大地震です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%A2%E6%9D%B1%E5%A4%A7%E9%9C%87%E7%81%BD

関東大震災を知っている人は、日本人の中では、まあまあ多いと思います。
9月1日は「防災の日」にもなっていますしね。

しかし、その大震災後に、こんな惨いことが、しかも警察とか軍隊とかでなく(一部は加担していたようですが)一般市民の自警団が起こしていたとは、、、私は、今まで知りませんでした。。。
「関東大震災後・朝鮮人虐殺流言」
http://www5d.biglobe.ne.jp/DD2/Rumor/column/earthquake_demagogie.htm
関東大震災と朝鮮人虐殺  後藤 周
http://www.edu-kana.com/kenkyu/nezasu/no48/kikou1.htm

ここに書かれていることは事実ではない、という人(右翼系)もいます。
しかし、朝鮮半島を植民地にしていたあの当時の日本で、そして今のように情報が直ぐに手に入らなかったことを考えると、こういうことは起こり得たのではないかと、私は思います。
それだけ日本人の中に、朝鮮半島の人々に対して強い罪悪感があると同時に、とても強い傲慢さを、私は感じます。
私は、実際に紙の資料を、知人が見せてくれたので、これは真実だと確信しました。
こういうことを、どうして学校の歴史の授業で教えてくれないのか、本当に理解できません!!
少なくとも2700人以上の人々が殺されているのに、どうして日本の歴史から抹殺されてしまっているのでしょうか?
私は、このことを知った時に、自分が日本人であることが、とても恥ずかしく思えてきました。。。

しかし、2010年にようやく「関東大震災朝鮮員虐殺の国家責任を問う会」が結成されています。
http://bund.jp/modules/piCal/index.php?action=View&event_id=0000005403
関東大震災朝鮮人虐殺の国家責任を問う会 「在日朝鮮人の形成と『関東大虐殺』」
http://www.io-web.net/2012/09/kanto/

今の政権が従軍慰安婦についても、まるで無かったことにしたがっているようですが、どうして自分たちに都合の悪い史実を隠そうとするのか、、、時代錯誤はいい加減にして頂きたいですね!


私が住んでいる山口県宇部市では、第二次大戦中(1942年)に、長生炭鉱の水没事故が起きました。
その犠牲者の多くが、強制連行で朝鮮半島から連れて来られた人々でした。
「遺骨は叫ぶ21 長生炭鉱」
http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2008/06/0806j1222-00004.htm
戦後、70年近くにもなるというのに、いまだに亡くなった183人の遺骨は収集されていないままです。
しかし、1990年代頃に、一般市民から長生炭鉱事故を風化させてはいけないと有志の人々が活動を始められ、昨年、ようやく追悼碑が立ちました。
「長生炭鉱の水非常を歴史に刻む会」
http://www.chouseitankou.com/
一般市民の間では、遺族の人々との交流も出来ているのに、行政側はほとんど何もしないままです。

私が知っているのは、ほんの一部に過ぎません。
真実はもっとたくさんあると思いますし、朝鮮半島では、もっとたくさんの悲惨なことがあったと聞いています。

どうして国は、真実を国民に知らせないのでしょうか?
真実を知らないことで、私たち一般市民は、とても恥をかき、また韓国や中国の人々と、本心から心を通わせることが出来ません。
韓国や中国の人々が挑発的な行動を起こしても、どうしてそういう態度を取るのか、理解することが出来ません。
隣国ですからもっと仲良くなりたいのに、歴史の真実を知らないことで、真の友になることが出来ないのです。
歴史の真実を知らないことが、戦争を引き起こすことに、やがてはつながるような気が、私はします。。。

国が教えてくれなのなら、自分で調べるしかありませんね。
真実はどこにあるのか、自分の目と耳と口で、シッカリと調べましょう。
そして、国に騙されない賢い国民になりましょう〜!!

一体、この国は、本当に平和な国になりたいのでしょうか?
それとも、隣国とず〜っと戦争をしたいのでしょうか?
少なくとも今の政権は、隣国と仲良くなりたいとは、思えませんね〜(-_-;)

しかし、このブログの読者の皆さんは、日本が世界に誇る憲法9条を守りたいですよね?
いつまでも戦争をしない日本であって欲しいと、強く願っていますよね?
そういう人は、何が正しくて何が間違っているか、自分で真実を見極められるように、常日頃から精進しておきましょう〜(^_^)/
そして国が間違ったことを始めたら、ハッキリとNOを突きつけましょう〜!!

と、ここでハタと気が付きました。
無知とは、即ち、アンポンタン、もしくはオタンコナス、ってことですね!!
脱アンポンタンしないと、脱原発だけでなく、戦争にまでつながってしまうんですね。。。
やっぱり、アーサー・ビナードさんの言われていることは、正しいですね〜。
皆さん、脱アンポンタン!、脱オタンコナス!、するのはいつですか?
今でしょ(^_^)/


情報その@
ところで、ローカルなイベントで、誠に申し訳ありませんが、
山口県宇部市では、憲法九条の会が下記のイベントを開催します。
ご興味のある方、お近くの方は是非、ご参加くださ〜い(^_^)/
『小森陽一 講演会』「あぶない憲法のはなし」九条改憲「暴走」にストップを!
日 時:10月14日(月・祝)18:30(開場18:00)
場 所:ヒストリア宇部 イベントホール(宇部市役所向い、旧宇部銀行館)
入場料:大人999円(高校生以下500円)
問合せ:TEL&FAX 0836-21-8003
主 催:憲法9条の会うべ

*小森陽一さんプロフィール*
1953年、東京生まれ
東京大学大学院総合文化研究科教授。日本近代文学専攻。
九条の会事務局長。
「ことばの力 平和の力」(かもがわ出版)「戦後日本は戦争してきた」(共著 角川Oneテーマ21)
「泥沼はどこだー言葉を疑い、言葉でたたかう」(アーサー・ビナード氏と共著、かもがわ出版)他著書多数。

安倍内閣の憲法改悪とりわけ第9条の改悪には、国内はもとより国際社会からも多くの批判や懸念が相次いでいます。国民世論の反対で9条改悪の正面突破が難しいとみるや、第96条の憲法改正発議要件のハードルを下げようとし、改憲派といわれている学者や識者、保守派の政治家からも猛反発をかっています。それではということで、集団的自衛権の行使に向けて九条解釈の変更へとシフトし、内閣法制局長官に行使容認派を据えるなど、なりふり構わぬ「暴走」をくり返しています。
アメリカと一緒に「戦争ができる国」への安倍内閣の暴走と執念は、並々ならぬものがあります。
小森陽一さんは、東京大学教授・九条の会事務局長として、いま、全国で講演、危険な暴走への抵抗と阻止を呼びかけています。安倍内閣による改憲の狙いの全体像と本質、改悪をめぐる最新の情報など、詳しくお話されます。


情報そのA
またまたローカルな情報で済みませんが、
あの山本太郎参議院議員が、下関市で秘密保全法反対の街宣活動をされますよ〜!!
日 時:10月8日(火)12時〜13時(ボランティア希望の方は11時集合)
場 所:下関駅前(ロッテリア前)
そこでお願いがあるのですが、人手が足りていません。
チラシを配る人、のぼりを持つ人、交通整理をする人などです。
山本太郎さんを応援したい方、手伝ってください<(_ _)>
問合せ:jimnyw@nifty.com(よしい)
当日、現地集合でも構いません。
山本太郎さんを、みんなで応援しましょう(^_^)/

posted by ボチボチおばさん at 22:57| Comment(2) | 真実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月31日

米国の第二次世界大戦の本当の目的と、世界の核実験

『アメリカの原爆飴と無知』 アーサー・ビナード
http://botibotiikokaaa.seesaa.net/article/371709614.html
でも書いたように、米国の第二次世界大戦の本当の目的は、日本を懲らしめることではなく、世界に冠たる核大国として、1世紀以上も君臨することでした!!
ソビエト(現ロシア)に、自分たちの力を見せつけることでした!!

そのことを、アーサー・ビナードさんは、8月18日に岡山での講演会でハッキリと話されています。
「アーサー・ビナードさん原発を語る〜絵本『ここが家だ』朗読〜」IWJ録画
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/96866
(動画が4画面ありますが、3番目がビナードさんの朗読、4番目の45分辺りから一番大事なことを話されてます。)
ビナードさんは、第五福竜丸事件のことを絵本にした時に知り合った第五福竜丸の乗組員の人たちとご自分の立ち位置を、同じものとして捉えられ、「僕は24人目の乗組員として」と話されています。
私も、その視点を見習わなければ、と思います。

一体、ヒロシマやナガサキの犠牲者の人々は、何のために、あのような惨い仕打ちを受けたのか、、、。
このことの真実をシッカリと認識する義務が、私たち日本人にはあると、私は思います。

そして、その真実をハッキリと認識していなかったため、「原子力発電所」というものを、無防備に54基も受け入れてしまった、その責任を私たち大人は持っています!!
原爆と、原発は、中身は同じです!!
一瞬にして塞ぐ物もなく爆発させるのが原爆で、入れ物に入れてジリジリと燃やすのが原発です。
出来あがる物質の中に、プルトニュームがあるのです。
原子力発電所を持っているというのは、いつでも核を持つことが出来るということなのです

しかし、下記の動画を見ると、もうフクイチが起きる以前に、太平洋が、地球が、凄まじいことになっていることに、愕然とします。。。どうして人類はこんなことを許してしまったのか……

放射能は、消えないのです!!
ということは、私たちは、既に放射能に汚染された空気や、海産物を口にしている可能性が高いのです!!
1980年代頃から、癌の死亡率が高くなったことは、このことが影響しているのではないかと、私は思います。(あくまでも私信ですが。癌の増加は、実は高齢化が原因だとも言われています。)
第五福竜丸が浴びた放射能は広島型原発の1000倍だったそうで、その他の核実験についても調べてみると、想像を絶する怖いことなんだろうと思います。。。

かといって、フクイチが許されるわけではありませんが、、、。
フクイチの汚染水問題、日本はこれからどうやって責任を取るのか、、、考えただけで途轍もない怖さです……
ドイツのシミュレーションでは、福島の汚染水で太平洋は終り
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2309.html


posted by ボチボチおばさん at 13:01| Comment(0) | 真実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月11日

『アメリカの原爆飴と無知』 アーサー・ビナード

暑くて体までアイスクリームのように溶けそうで、何もする気が起きませんが、8月6日、8月9日の「ピカドンの日」は過ぎ、8月15日の終戦記念日を迎えようとしています。
オリバー・ストーン監督やアーサー・ビナードさんが、私たち日本人に真実を知らせようと奔走されているのに、私がのんびりしている訳にはいきませんね(^_^;)

8月5日、「ピカドンの日」の前日に、広島で行なわれた、ビナードさんの講演会が、もうアップされていました。
『アメリカの原爆飴と無知』 アーサー・ビナード


私が、『ピカドンの日』のブログに、「何故、広島、長崎と原爆を立て続けに落とさなければいけなかったのか?」の理由を後日書きましょう、と言いましたが、この動画の中で、詳細に話されています。
しかし、これが全てではありません。

この動画の中でも、ビナードさんが言われているように、第二次世界大戦が始まろうとしているとき既に、アメリカはマンハッタン計画を始めようとしていました。
それは何故か?
アメリカが、100年以上に渡って「核」という凄い武器をもって、世界に君臨したかったからです!!
今、そうなっていますね?

ですから、第二次大戦で、原子爆弾を使って、見せつける必要があったのです。
日本の真珠湾攻撃の奇襲で第二次世界大戦は始まりましたが、実は、アメリカは事前に情報をつかんでいて、パールハーバー奇襲が起こるのは判っていたようです。
ですので、重要な空母や優秀な兵士は、その日、たまたま、真珠湾からお出かけだった、そうです。
その当時のアメリカの世論は、「もう戦争は嫌だ、話し合いで解決しよう」という流れでしたが、日本が真珠湾を奇襲したことで、世論を全く反対の方向へ変えたのです。

本当は、ミッドウェー海戦で、アメリカは、日本に勝てたのです。
それをジリジリと引き延ばしたのは、原爆を作って落としたかったからだそうです。
マンハッタン計画は、アメリカ国民に秘密裏に行われていたので、莫大な予算を黙って使っていました。
その使途を説明するためにも、原爆を落とす必要があった、とビナードさんは言われていました。

ジリジリと引き延ばしたせいで、日本人もアメリカ人もアジアの人々、参戦していた多くの国の人々にどれだけの犠牲を強いたことでしょうか。
かといって、日本がしたことが許される訳ではありません。
韓国・朝鮮、中国、台湾、アジアの国々において、多大な迷惑をかけたのは、確かです。

しかし、戦争が早く終わっていれば、犠牲者の数は少しでも少なく済んだことでしょう。

少なくとも、広島、長崎の一般の人々を、あんなむごい方法で犠牲にすることは、無かったと思います。

しかし、その後、アメリカは、どんどん戦争ばかりしています。
また、世界中に核をばら撒き続けています。
今、イラク、アフガニスタンでは、奇形児がたくさん生まれているそうです。

どうして、私たちは、アメリカの暴走を止められないのでしょうか?
一部の金持ちやエリートのために、いつまでも戦争が終わらない社会を、皆さんは望みますか?
99%の私たちは、奴隷のままでいいのでしょうか?

『無知』は、アメリカが暴走する社会、一部の人たちだけが豊かになる社会を後押ししているのです。
自分の目を、耳を大きく開けて、真実はどこにあるのか、自分で見極め、行動に移すことが、未来の世代に対する責任だと、私は思います。

出来ることでいいのです。
節電の努力するとか(我が家はエアコンはほとんど使わず、扇風機は使っていますが。掃除機も音がうるさいので、箒とモップでしています。)、無農薬有機栽培の野菜を買ったり、自分で家庭菜園をしてみるとか。
時には脱原発関係の集会に参加してみるとか。
山口県宇部市では、「いのち未来 うべ」という団体が、毎週金曜日に「金曜ウォーク」といって、市役所から駅前まで、プラカードを持って歩いています。ただ歩くだけで、大きな声を上げたりはしません。

それにしてもあの原爆飴 Atomic Fireball、どんな味がするのか味見してみたいですね……。
私は、にっき飴(肉桂飴)、割と好きなんだけどな〜。

posted by ボチボチおばさん at 10:30| Comment(0) | 真実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。