2013年11月23日

凄い本、見つけた!!『腐る経済』渡邉格(ワタナベイタル)著

「田舎のパン屋が見つけた『腐る経済』」という、岡山県真庭市勝山という鄙びた町にある古民家のパン屋さんが書かれた本です。
腐る経済.JPG
下記のURLにも、著者の渡邉格さんと奥さんの真理子が、動画でこの本について説明しています。
http://www.amazon.co.jp/%E7%94%B0%E8%88%8E%E3%81%AE%E3%83%91%E3%83%B3%E5%B1%8B%E3%81%8C%E8%A6%8B%E3%81%A4%E3%81%91%E3%81%9F%E3%80%8C%E8%85%90%E3%82%8B%E7%B5%8C%E6%B8%88%E3%80%8D-%E6%B8%A1%E9%82%89-%E6%A0%BC/dp/4062183897/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1385193114&sr=1-1&keywords=%E8%85%90%E3%82%8B%E7%B5%8C%E6%B8%88

私が凄いと思ったのは、資本主義のからくりが、天然酵母パン作りに欠かせない「菌」とマルクスが書いた資本論とを持って、説明されていることです。
(という私は、「資本論」は読んだことはありません(-_-;))

自然界にある全てのものが、やがては腐って土に還るのに、お金だけが腐らないで、どうにかすると増え続ける資本主義社会や今の日本の社会構造に、著者の渡邉さんは、サラリーマン時代に疑問を抱きました。
それを解決しようとしたのではなく、気が付いたら、この方法だったら解決できるかもという結論にたどり着いたのが、『腐る経済』に書いてあります。
http://www.mishimaga.com/special01/021.html
http://www.mishimaga.com/special01/022.html
http://www.mishimaga.com/special01/023.html

マルクスの資本論を実現しようとしたレーニンが、「革命は辺境で起きる」と言ったそうです。
もしかすると、日本でそれが起きつつあるのかも知れませんね(^_^)/
今ベストセラーの『里山資本主義』藻谷浩介著とも関連していると思います。
アベノミクスで滅茶苦茶にされそうな日本で、こんな素敵なお店、町があること、奇跡に近いと、私は思います!!

ご参考に、渡邉さんご夫妻のパン屋さん「タルマーリー」のHPは下記です。
http://talmary.com/

ご興味のある方、特に若い方は、是非、この本を読んで欲しいと思います!!
宇部市立図書館には、この本『腐る経済』がありますよ。

posted by ボチボチおばさん at 11:56| Comment(2) | スローライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月04日

本当の豊かさとは

前回に書いた、博多(「福岡」よりこの方が本当の名前のような気がします。)でのイベント、実は、私は参加したのです!!
ボチボチの私としては、かなりの勇気を振り絞りましたが(夜中に帰ってきました)、それだけの甲斐はありました(^_^)/

「100人の母たち」というスライドショーが最初にあり、子供さんと一緒に写っている美しいお母さまたち。
中には、3.11以降に福島から九州に避難して来ている方も。
そして、家族で避難してきたのに、結局、考え方の違いから離婚された方も。
会場には、たくさんの子どもの歓声が聞こえ、時にはうるさいな〜、と思ったけど、これがコミュニティーとしては当たり前の状態なんだと思いました。
子どもを育てること、それはとても根気が要り、且つ工夫も要るけど、子供たちのイキイキとした目を見ていると、一番、創造的な作業なんだと思いました。
サティシュ・クマールさん曰く「子育ては、社会への貢献だ。」

本題に入ります。
『Soil(土)、Soul (心)、Society(社会)、持続可能な世界を目指すために、これらは一体で切り離すことは出来ない。』

『Soil』
ソイルは、自然界全体をさす言葉です。
私たちは、土から生まれ、土に還る存在です。
土が神聖だからこそ、命は神聖なのです。
土の上で働く農民、農耕そのものも神聖です。
しかし現代人は、自然を破壊し、自然との戦争ばかりしている。

『Soul』
土を大切にすることは、自分を大切にすること。
自分を大切に出来ればこそ、幸せで、穏やかで、しなやかな心と体と魂ががあればこそ、地球を大切にすることもできる。

『Society』
人々も大切にしなければなりません。
現在、世界人口の1/6、10億人以上の人々が飢えに苦しんでいます。
飢える人々がいる一方で、世界中で40〜50%の食糧が無駄にされています。
無駄のない、フェアで平等な、分配の社会システムが必要です。

この3つの『S』「土・心・社会」が一体となって、全体的なものとなり、持続可能な世界へとつながります。

『本当の豊かさとは』
「豊かさ」とは、コミュニティーや家族であり、人間の手であり、大地、自然、川や森、なのです。
お金はただの尺度で、取引の手段に過ぎない。
現代の私たちは、自然のためにお金を使うかわりに、自然を犠牲にしてお金を稼ぐ。
本当の「豊かさ」は、自然です!!
自然の一部である私たち人間は、自然とともに生きるのが、幸福につながる。

サティシュさんの言葉から
●「世界の問題を解決する第一歩は、あなたの今日の食事からです。」
どんな食べ物を口にするか。
地域の、天然の、オーガニックなものを選んで、料理をする。
(また、出来れば、庭や畑で、自分で栽培したものを食べる。)
そうすれば、あなたは健康になり、社会の正義が、生態系のバランスが戻り、地球温暖化もなくなるでしょう。

●「私たちが眠るほど、地球も自分自身も助かります。」
昔、ある国の王様が、宗教家に助言を求めました。
「私の出来る最善の行動とはなにか?」
宗教家は答えました。「陛下、それは出来るだけ長く眠ることです。あなたが長く眠れば眠りほど、圧政は減るでしょう。」
(これって、今の日本にも言えることではないかしら?、と私は思います。)
現代人の私たちは、交通手段に車、新幹線、飛行機を使い、パソコン、TV、エアコンと環境に悪いことばかりしています。
私たちが眠れば、その分、地球は助かります。
また、私たちもよく眠れば、身体が活力にあふれ、心と頭がすっきりし、仕事も趣味も、何をしてもうまくいくでしょう。


さぁ、長くなったので、続きは、またにします。
私は、ナマケモノ倶楽部の会員なので、サティシュ・クマールさんの考え方は、辻信一さんの本からも知っていましたが、改めて言葉にすると、再確認ができました(^.^)v
ちなみに「ナマケモノ倶楽部」とは、「怠け者」ではなく、動物のナマケモノslothを意味します。(私は怠け者なんですけどね(^_^;))
ナマケモノは、地球に負荷をかけない、環境にとても良い生き方をしている所から、この名前が使われました。ちょと間抜けな雰囲気も私は気に入っています。しかし、中心メンバーは、パワフルに活動されていますので、どうぞ誤解のないようにお願いします<(_ _)>
ナマケモノ倶楽部HP
http://www.sloth.gr.jp/

サティシュ・クマールさんの講演は、4、5、6日もまだ、東京と神奈川であるようです。
http://www.sloth.gr.jp/movements/satish-tour2013/
もっとも、チケットは完売と出ていたような……。
でも、サティシュさんは、都会より田舎の方がお気に入りの様子でした。

サティシュ・クマールさんのDVDや本も出ていますので、ご興味のある方は購入されてゆっくりご覧ください。
http://namakemono.shop-pro.jp/?pid=53903096

posted by ボチボチおばさん at 10:24| Comment(0) | スローライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月01日

本当の豊かさとは?本当の幸福とは?

もう遅いかもしれないけど、明日、福岡で下記のイベントがあります。
http://kokucheese.com/event/index/77645/
多分、まだ空席がいっぱいありそうなんだけど……。
(問合せは、(株)ウィンドファームになっていますので、ご希望の方は問い合わせてみて下さい。問合せ先は、ご自分で調べてね。)

私が上関原発計画に疑問を感じ始めた頃、それが間違っていないと教えてくれたのは、ナマケモノ倶楽部の人たちでした。
ナマケモノ倶楽部とは、slow,small,simpleな生き方を提唱しているNGO団体で、「100万人のキャンドルナイト」も、世話人の辻信一さんが提案したキャンペーンです。
http://www.sloth.gr.jp/

サティシュ・クマールさんについては、下記をご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/hidekiblog/e/df33cecc9c9a13b8c0358d8817b7a3d9
http://www.youtube.com/watch?v=M6wMzJTbIyw

私が住んでいる山口県からはちょっと遠いけど、サティシュ・クマールさん、辻信一さん、中村骼sさんが一堂に会することは、これからもあるかどうか……。
この3人が、どのような話をされるのか、楽しみではありますが、、、なんたって夜だもんね(-_-;)
辻信一さんのファンの私でも、ちょっと躊躇します。

しかし、サティシュ・クマールさんが言われる「誰もがアーティストだ。」と、私も思います。
さて、私はそれに恥じない生き方をしているだろうか……
posted by ボチボチおばさん at 20:55| Comment(0) | スローライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。