2013年12月07日

昔の歌だけど、今、日本語で聞きたい、みんなで歌いたい!!

この頃、この国では、虚しさが込み上げてくることばかりけど、、、でも諦めちゃいけない。
諦めたら、生きる希望が無くなってしまうから。

だから今は、自分の気持ちを立て直すために、静かにこの歌を聞いていようと思います。
「We Shall Overcome 大きな壁が崩れる」by 中川五郎

この歌は、確か、アメリカの公民権運動の時に、たくさんの人が歌い、日本ではジョーン・バエズが歌ったのが流行り、ベトナム戦争反対運動の時には、運動をしている人たちのテーマソングとなったそうです。
We shall overcome.「私たちは、いつかこれを乗り越えるだろう。」

日本でも、60年安保の学生運動の時にみんなで歌ったとか。
昨年、フォーク歌手(団塊世代)の中川五郎さんが、脱原発運動でみんなで歌える歌はないかと考えた時に、「We Shall Overcome」を思い出し、日本語の歌詞をつけたそうです。

ゆっくりとした歌だけど、静かな闘志が湧いてきそうな気がしませんか?
若い人には、ゆっくり過ぎるのかな〜?

中川五郎さんを調べて居たら、下記の歌が見つかりました。
「一台のリヤカーが立ち向かう」

歌詞の中に、上関原発反対運動のこと、公民権運動のこともあります。
じっくり聴いてみてください(^_^)/

中川五郎さんって、「受験生ブルース」を歌っていた人だったのですね。
今、こういうメッセージのある曲を歌う気骨のある歌手って、日本にどのくらい居るんでしょうかね?


昨日、前回に書いた「腐る経済」の著者の田舎のパン屋さん「タルマーリー」のパンが、届きました。
早速食べてみたら、思っていたよりも柔らかいパンが多く、どれもしっとりしています。
とても美味しいですよ〜(^_^)/
なんか体の中から少し元気になりそうな気がします。



posted by ボチボチおばさん at 13:19| Comment(0) | 好きなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: