2015年10月04日

詩人会でのアーサー・ビナードさんの講演

昨日のアーサー・ビナードさんの講演(山口市)は、詩人会が主催だったので、詩や文学の話だろうと、私は思っていました。
しかし、ビナードさんは、その期待をみごとに裏切り、政治や憲法のことを話されました(^_^)/
今の日本国憲法があるお蔭で、自由にこういう集会ができ、自由に話したいことが言えると。
詩人にとっては、政治の言葉も言葉の一つであり、憲法の言葉もしかり。
詩人にとっては、全ての言葉が、詩につながるのだから、詩人会の場でもこういう話をします、と講演を続けられた。

多分、いつもはこんな政治的なお話を聞かないであろうと思われるアマチュア詩人の集まりでしたが、最後は、全員で拍手喝采でした!!
(残念ながら、写真を撮りませんでした。。。参加者の人数が少なかったのも、残念でした(-_-;))

私は、「日本国憲法」が書かれた本を、確か3年ぐらい前に買って、時々読んでいるけど、普通の人々は読んだことがあるのかな〜?
私も、ツ・マ・ビ・ラ・カに、読んでいる訳ではありませんが(^_^;)
日本国憲法、とても素晴らしいことが書かれています\(◎o◎)/!
世界中から『理想の憲法』と言われる理由が判ります!
是非とも、これをみんなで守らなければいけないと思います!(^^)!
憲法は、私たち国民が、権力者に守らせるものです!!
権力者が、私たちを縛り付けるものは法律であって、憲法ではありません。

(ビナードさんは、「日本国憲法」と「大日本国憲法」両方が1冊に書かれているものを、いつも読まれているそうです。すぐに比較ができるので。ついでに、日本国民ならば、「ポツダム宣言」も読んでおきましょう!総理大臣でも、ツ・マ・ビ・ラ・カに読んだことがないというのは、恥ずかしいですからね(^_^;))

来年夏の参議院選挙で、もしもまた自公政権が勝ったならば、この素晴らしい「日本国憲法」を改悪され、戦前の「大日本帝国憲法」に戻されてしまいます(@_@;)
自民党が提出している、憲法改正草案を読むと、かなり国民を縛り付けようとしているのが、よく判ります(-_-メ)
※参考
【自民党憲法改正草案】見やすい対照表で現憲法との違いが分かる!
http://tcoj.blog.fc2.com/

表現の自由、言論の自由、集会の自由がはく奪され、言いたいことも公に言えない、表現したものを公に発表できない、また隣近所で見張りあう、そんな社会になるようです(@_@;)(これは脅しではありません!)
また日本が作った兵器を輸出し、世界の色々な所に自衛隊を派遣し、自衛隊員が足りなくなったら、もしかしたら徴兵制度も始まるかもしれない。そんな世の中になっても良いですか?
自分の家族や友だちが、戦争に行かされてもいいのですか?
自民党が「徴兵制度はありません。」というのは、全く信用できませんからね!!

今まで政治に対して、見て見ぬふりをしていた日本国民たち、それでもいいのですか?
まさか、不投票はしないですよね?
自分たちがどんな社会を創りたいのか、子供たちにどんな社会を残したいのか、よ〜く考えて、選挙に臨む前に、自分が応援したい候補の応援にも参加しましょう\(◎o◎)/!(出来る範囲で良いので)
もう指をくわえて眺めているだけでは、世の中は変わらないということは、今までの状況を見ていてわかると思います!!


ビナードさんの最新著『もしも、詩があったら』(アーサー・ビナード著)の中から、引用された詩の一つを紹介します。
80年ぐらい前の詩ですが、今の日本を表しているような……(-_-;)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
『もし戦争になるのなら』 ベンジャミン・マッサー

まず私を牢屋にぶちこむがいい。

鉄格子の中では、思いっきり歌い上げよう、

愚かな人間への私の愛を。

老人たちは若者を次々と戦地へ送りこむ。

一度たりとも平和をもたらしたことのない、

決して神が望む平和には結び付かない任務に、服するために。

私が掲げる自分の旗は、この世のどこかの国に属するものではないのだ。

国境と国家をすべて足しても、ひとり分のいのちの重さには達しない。

星座の星と星のつながりを、私たち人間に見出せる心のほうが、

どれだけ大きく永遠に近いか。

たとえ平和の中でも、あるいは戦争になったとしても、

人殺しをはたらく者の意志では、所詮、なにひとつ正せないのだ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今日の講演は動画を撮影されていませんでしたが、
下記の動画と、ほぼ同じ内容のお話でした。
しかし、ポツダム宣言の時のサインが3人同じ筆跡であることや、なぜスターリンが同席していたのにサインが無かったかなど、かなり歴史の勉強にもなります。
また、ヒロシマの Little boy とナガサキの Fat man のいわれなど、知らなかったことが、満載で〜す!!
日本国民ならば、日本国憲法とポツダム宣言を読みましょう\(◎o◎)/!
お時間のある方は、是非、この動画をご覧くださいm(_ _)m

アーサービナード講演会in箱崎9条の会@/5 2015.8.8「ヒロシマとナガサキの間に立って」


アーサービナード講演会in箱崎9条の会A/5


ーサービナード講演会in箱崎9条の会B/5 2015.8.8


アーサービナード講演会in箱崎9条の会C/5 2015.8.8


アーサービナード講演会in箱崎9条の会 D/5 2015.8.8

https://www.youtube.com/watch?v=UkoR1FZp-dM
posted by ボチボチおばさん at 01:07| Comment(2) | 反戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月02日

アーサー・ビナードさん、詩人としての講演(山口市)

ご無沙汰しています(^_^)/

色々と忙しく、また体調も崩していたので、ご免なさい<(_ _)>
体調はほぼ良くなりましたので、ご安心を(^_^)/

ところで、いつも喫緊ですみませんが、
アーサー・ビナードさんの詩人としての講演が、10月3日(土)に、山口市であります!!

最新著の『もしも、詩があったら』という本の中に、ビナードさん選りすぐりの、世界中の古今東西の詩が載っています。
それを、所々拾われて、お話されるようです。
もしも、詩があったら.JPG

私もこの本を読みました。
最初は、文学や詩に興味のある人だけを対象にされた本なのかと思いましたが、読み進んでいるうちにとても引き込まれ、そうか、こういう風に考えればいいのか、と感心しました
詩の世界も、奥が深いし、面白そうですね(^_^)/

講演の内容は、私はあまり判りませんが、あのビナードさんのことですから、何が飛び出すやら、とても楽しみです\(◎o◎)/!

第15回中四国詩人会 山口大会in湯田温泉 
日 時:2015年10月3日(土) 
場 所:西の雅常盤 山口市湯田温泉4-6-4
    (TEL 083-922-0091)
主 催:中四国詩人会
共 催: 日本現代詩人会
後 援: 山口市 山口文化協会 山口県詩人懇話会
 
スケジュール      
12:00〜13:00  受付(参加費1000円)
第1部
13:00 開会のことば  物故会員追悼・黙禱
      主催者あいさつ (中四国詩人会 会長 秋吉康)
      議事 昨年度活動報告及び本年度計画  会計報告 他
13:40 第15回中四国詩人賞表彰式 受賞者 岩アゆきひろ 
      受賞詩集「風の強い日」 受賞詩人による作品朗読
14:10 各県代表詩人による作品朗読
     

15:00 記念講演「もしも、詩があったら」 
講師 :アーサー ビナード

    「もしも」を使った選りすぐりの名詩をエッセイで味わいながら・・・古今東西の詩人に学ぶ

16:30 来年度大会開催地挨拶
16:35 閉会のことば

第2部 懇親会 (参加会費 6000円)
16:40 懇親会 情報交換
18:30 閉会

問合せ:実行委員会・事務局 秋吉 TEL./FAX. 083-932-7443

※会場で『もしも、詩があったら』が少しお安く販売されるようです!!
※途中からご参加の方も、かならず参加費を関係者の方に渡してくださいね!!


実は、11月4日夜にも、山口市でアーサー・ビナードさんの講演会があります\(◎o◎)/!
こちらは、政治のお話になります!!
また、お知らせしますので、どうぞお楽しみに\(◎o◎)/!


posted by ボチボチおばさん at 10:30| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。