2015年10月22日

日本の供託金は、世界一、高いのだ(@_@;)SEALDs感動のスピーチ\(◎o◎)/!

『供託金』とは、なんぞや?
ウキペディアより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BE%9B%E8%A8%97%E9%87%91
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
選挙における供託金は、被選挙人(=候補者)が公職選挙に出馬する際、国によっては選挙管理委員会等に対して寄託することが定められている場合に納める金銭もしくは債券などのことである。当選もしくは一定以上の結果を残した場合には供託金はすべて返還されるが、有効投票総数に対して一定票(供託金没収点)に達しない場合は没収される。この場合において、法定得票と供託金没収点は一致しない(供託金没収点は法定得票より若干少ない)。
(中略)
供託金の制度はイギリスが発祥であるといわれており、公職選挙において、売名や選挙妨害を目的とした立候補の乱立を抑制し、「政治家になりたいのならばそれなりの覚悟(供託金)を示すべき」という観点からこの制度が設けられたとされている。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

『日本の供託金』は、世界一高いのです(@_@;)

供託金.JPG

どうしてこう高い値段に設定したのか???
またまたウキペディアで供託金の歴史を読んでみました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
歴史[編集]
初期の衆議院議員総選挙は立候補届出制を採っていなかったため、被選挙権さえあれば供託金はもちろん立候補手続きさえ取らずに有権者からの投票を受けることができた。1925年の普通選挙法制定に伴い立候補届出制に移行するとともに、売名目的での立候補を抑制しつつ、社会主義政党の国政進出を防ぐ目的もあって当時の公務員初年俸の2倍に相当する2000円の供託義務が定められた。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
要するに、「社会主義政党の国会進出を防ぐ目的」だったということです。。。
どうして社会主義政党が国会へ進出してはいけないのでしょうか???
今のようにバカ高い供託金では、「貧乏人は、選挙に出るな、黙っておけ!!」と言わんばかりです(-_-メ)
これでは本物の民主主義など育つはずはありません<(`^´)>


また、この制度は、憲法四十四条にも反しています!!
憲法四十四条:両議院の議員及びその選挙人の資格は、法律でこれを定める。但し、人種、信条、性別、社会的身分、門地、教育、財産又は収入によって差別してはならない。


このように憲法違反であるにもかかわらず、今まで裁判でも負けているそうです(-_-;)
司法は必ずしも国民の方を見ておらず、裁判官も公務員ですから出世したいんでしょうね、権力者に味方することが多々あるんで(-_-メ)

私たちは、選挙では、お金の力ではなく、候補者の信念や人柄で選びたいです。
今の制度では、お金のある人しか立候補が出来ません。

どうして今まで変えなかったのか、本当に不思議な国です(-_-;)
ちなみに、フランス、アメリカ、イタリアは、供託金は要りません!!

そこで、今からでも遅くはない、供託金を見直す運動が始まっています\(◎o◎)/!
『政治を市民へ 供託金を見直す会』
世界一高い供託金を見直しましょう!
その壁を崩し、政治を市民の手に取り戻すために、まずは全国都道府県の弁護士会に人権救済の申し立てを行います。
皆さんのご協力をお願い致します。

http://ameblo.jp/kyoutakukin/entry-11965440151.html

この中に、人権救済の申立て書があり、それをダウンロードして印刷・サインをして、近くの弁護士会に郵送してください。(申し立ては無料です。)
多くの人が供託金制度に、不快感・違和感を感じていることを、訴えましょう\(◎o◎)/!
ちょっと面倒くさいですが、未来の世代のためにも、市民の意見を政治に反映しやすい制度に変えて行きましょう!!

こうやって、市民が政治に参加しやすくなるように、一つ一つハードルを下げていきましょう!!
『日本の民主主義』は、残念ながらまだその段階、よちよち歩きの赤ちゃんです(^_^;)
みんなで大事に育てていきましょう\(◎o◎)/!



なぜこうも私は、政治問題に口を挟むのか、というのは、これからの若い世代がより暮らしやすい社会で、のびのびと生きて、自分の才能を発揮して欲しいからです(^_^)/
落ち着いた社会でないと、人は落ち着いて自分のしたいことは出来ませんので。
ということで、先日もSEALDsの若者の一人が、感動的なスピーチをしていました(^_^)/
こういう気持ちをいつまでも持ち続け、より良い社会を一緒に創っていきたいですね\(◎o◎)/!

SEALDs 小林叶さん(ICU)の感動スピーチ!SEALDs 渋谷街宣 2015.10.18


*******************
<<<スピーチ書き起こし>>>>
渋谷の皆さん、こんにちは。国際基督教大学4年の小林です。
戦後70年の歴史を大きく変える法律が、先月可決されました。私も、連日国会前で声を上げました。

しかし、そんなことには目もくれる余裕もないほど、毎日を生きることに精一杯な人々がいます。
1日中朝から晩まで必死に働き、それでも子どもを高校へ進学させてやれない120万人ものシングルマザー。
明日自分のクビが切られるかもしれない不安に怯える250万人の派遣労働者。
ご飯をおなかいっぱい食べることができない320万人の幼い子どもたち。

私が今こうして話している間にも彼らが考えていることは、
もし自分の家が生活保護を受けていることがばれたら、周りに白い目で見られてしまうのではないか、ということ。
大学進学のために借りる500万の奨学金を自分の力で返済できるのか、ということ。
もし自分一人で子供養うとしたら、月10万円の給料でどうやって暮らせばよいか、ということ。
もし明日仕事を失ったら、自分の居場所はこの社会に存在するのか、ということ。
つまり、今日を生き延びることができるか、明日を無事に迎えられるか、それが彼らの切実な思いではないでしょうか。

安倍首相は日本を「美しい国」、「すべての女性が輝く社会」そして、「一億総活躍社会」にしたいそうです。
しかし現状はどうでしょうか。

この国には、進学を諦めキャバクラで働き、家族を養わなければならない10代の子がいます。
この国には、何度も生活保護を申請したが拒否され、食べるものもなくやせ細り、命を失った女性がいます。
この国には、ひとりぼっちで、誰にも看取られることなく、冬の寒空の下、路上で命を落としていく人々がいます。
そんな彼らを、「今まで何していたんだ? 努力が足りないんじゃないか!」と切り捨てる。それが日本の政府です。

私は言いたいです。たった一人の、たった一人の子どもの命も救えない、たった一人の母親に生きる希望を与えることができない、そんな国の言うことを、私達はどうして信じることができますか?

学費を稼ぐため風俗で働くのは、あなたの子どもかも知れません。
ストレスと鬱に苦しんで自殺するのは、あなたの父親かも知れません。
冬、暖房のない部屋でやせ細って死ぬのはあなた自身かも知れません。

そして政府は、そっとあなたに囁くでしょう。食事も住居も用意してくれる、学費も肩代わりしてくれる、そんな仕事があるよ、と。
そうして、その仕事についたあなたは、他国の脅威から「日本を守る」ため、遠く離れた大地へと送り込まれることとなるでしょう。

しかし、忘れないで下さい。
あなたが守るはずの日本に、あなたは殺されそうになっているのだということを。
あなたにとっての脅威は他国ではなく、この国であるということを。
あなたの生活は今まさに、この国によって存立危機事態に追い込まれているのだということを。

私が思い描くのは、こんな未来ではありません。

誰もが、心から、生きていて良かったと、自分はこの世界に生まれてきて良かったと言える、
あなたにしか聞けない声があり、あなたにしか見えない世界があり、あなたにしか語れない言葉がある、

そんな他の誰でもない、そんなあなたを必要としていると、
そう胸を張って言うことができる国を、私は夢見ています。

そのために必要なのは、「強い国」となるための、一発数千億円のミサイルでしょうか?
違います。

わたしたちが求めているものは、ただ、大切な人とほおばる温かいご飯であり、
望む学校へ進学できるチャンスであり、
一人親でも子どもとゆっくり向かい合うことのできる時間であり、
ひとりぼっちで悩んでいるあなたをいつでも迎え入れてくれる居場所ではないでしょうか。

世界があるからあなたがいるのではなく、あなたがいるからこそ世界はあるのです。
希望なき人々のためにのみ、希望は与えられています。終わっているなら始めましょう。

10月18日、私は安倍政権の退陣を求めます。
ありがとうございました。(終)

*******************





posted by ボチボチおばさん at 00:08| Comment(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月15日

こんな素敵な政治家が、日本の政界にも欲しい\(◎o◎)/!

ウルグアイの元大統領、ホセ・アルベルト・ムヒカさん(今年の9月までで任期終了。)

彼を有名にしたのは、ブラジルのリオで開かれた世界環境会議でのスピーチです。
ムヒカ大統領の衝撃的なスピーチ【世界で最も貧乏な大統領】


2012年のリオ会議でのスピーチと昨年末の世界初の大麻合法化で一躍時の人となった、ウルグアイのムヒカ大統領。
『世界一貧しい大統領』と呼ばれますが、それだけの人ではありませんでした。

ウルグアイ第40代大統領、78歳のホセ・ムヒカ大統領が最初に日本で大きく話題になったのは2012年に行われた国連持続可能な開発会議(リオ+20)でのスピーチです。(上記の動画)

環境問題を話し合うこの国際会議で、ムヒカ大統領が述べたのは、

「根本的な問題は私たちが実行した社会モデルなのです。そして、改めて見直さなければならないのは私たちの生活スタイルだということ。」「石器時代に戻れとは言っていません。マーケットをまたコントロールしなければならないと言っているのです。私の謙虚な考え方では、これは政治問題です。」

更にムヒカ大統領は現代のグローバリズム、消費主義社会に対して「現代に至っては、人類が作ったこの大きな勢力をコントロールしきれていません。逆に、人類がこの消費社会にコントロールされているのです」と語り、「残酷な競争で成り立つ消費主義社会で『みんなの世界を良くしていこう』というような共存共栄な議論はできるのでしょうか?」と問いかけます。

そして望ましい世界については、
「私たちは発展するために生まれてきているわけではありません。幸せになるためにこの地球にやってきたのです。」
「発展は幸福を阻害するものであってはいけないのです。発展は人類に幸福をもたらすものでなくてはなりません。愛情や人間関係、子どもを育てること、友達を持つこと、そして必要最低限のものを持つこと。これらをもたらすべきなのです」とし、古代ギリシャ哲学者やアイマラ族の言葉から「貧乏な人とは、少ししかものを持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ。」と指摘します。

ホセ・アルベルト・ムヒカさん、並大抵ではない七転び八起の人生を歩まれています!!
軍政下の元、13年間も収監されていたそうです(@_@;)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%82%BB%E3%83%BB%E3%83%A0%E3%83%92%E3%82%AB
そんな中で、自由や民主主義の素晴らしさを身を持って感じられ、また全ての国民が幸せを感じるには、政治家は何をするべきかを考えて来られたのでしょう。
また、大統領在任中は、大統領公邸には住まずに、首都郊外の質素な住居に妻と暮し、オンボロなフォルックスワーゲンに乗っていたそうです。また、給与の大部分を財団に寄付し、月1000ドル強で生活しており、『世界で最も貧しい大統領』として知られました。同名の絵本も出ています。
愛車である1987年製フォルクスワーゲン・タイプ1(2014年現在の価値は2800ドル(約32万円))をアラブの富豪から100万ドル(約1億1600万円)で買い取る事を打診された時、2014年11月14日にラジオで「友人たちから貰った物だから、売れば友人たちを傷つけることになる」と、これを拒否する発言をしたそうです(^_-)

そして、実は昨年から、シリア難民の孤児たち100人を自宅に引き取って、自宅を開放していました\(◎o◎)/!
どこかの国の総理大臣(自分は腐るほどお金を持っているのに)みたいに、一人も引き取らないなんてケチなことはしません!!
http://eedu.jp/blog/2014/05/26/the-world-poorest-mujica-president-open-house-syria-orphans-uruguay/

今の日本にそんな政治家が、一人でもいるでしょうか???
山本太郎さんならしそうだけど、今、太郎さんは、時間的・経済的なゆとりが無いでしょうからね。。。
あとは、だれも見当たらない。。。
こんなに人権的人材の少ない政界も、世界中を見渡しても珍しいのでは???

そのムヒカ元大統領は、昔はとても日本を絶賛されていたのに、今は違います。
http://blogs.yahoo.co.jp/moritakeue/13531353.html

「ペリー提督がまだ扉を閉ざしていたころの日本を訪れた時の話さ。時の日本は『西洋人は泥棒』って思っていた時代だね。あれは間違いではなかったけど、賢い政策で対応したとは思うよ。西洋にある進んだ技術に対抗できないことを認め、彼らに勝る技術をつくろうと頑張ったんだ。
そしてそれを成し遂げてしまった…。でもそのとき日本人は魂を失った。」
「人間は必要なものを得るために頑張らなきゃいけないときもある。けれど必要以上のモノはいらない。幸せな人生を送るには重荷を背負ってはならないと思うんだ。」
「長旅を始めるときと同じさ。長い旅に出るときに、50kgのリュックを背負っていたら、たとえ、いろんなモノが入っていても歩くことはできない。100年前150年前の日本人は私と同意見だったと思うよ。今の日本人は賛成じゃないかもしれないけどね。」
多くのモノを持たず、それ以上を望まなかったかつての日本人。
「足るを知る」を美徳とした文化は大きな変貌を遂げてしまった。


「今の日本についてどうお考えでしょうか?」と聞くと、次のように答えた。
「産業社会に振り回されていると思うよ。すごい進歩を遂げた国だとは思う。けど、本当に日本人が幸せなのかは疑問なんだ。西洋の悪いところをマネして、日本の性質を忘れてしまったんだと思う。日本文化の根源をね。」耳が痛い。

「幸せとは物を買うことと勘違いしているからだよ。幸せは人間のように命あるものからしかもらえないんだ。物は幸せにしてくれない。幸せにしてくれるのは生き物なんだ。」
「私はシンプルなんだよ。無駄遣いしたりいろんな物を買い込むのが好きじゃないんだ。その方が時間が残ると思うから。もっと自由だからだよ。」

「なぜ、自由か…?あまり消費しないことで大量に購入した物の支払いに追われ必至に仕事をする必要がないからさ。根本的な問題は君が何かを買うときお金で買っているわけではないということさ。そのお金を得るために使った『時間』で買っているんだよ。請求書やクレジットカードローンなどを支払うために働く必要があるのならそれは自由ではないんだ。」
私たちは、いつの間にか、ほんとうの幸せとは何か、人間が生きる目的とは何か、を見失ってしまったようだ。
「本当のリーダーとは自分を越える人材を残すことだ。」

ムヒカ大統領からのメッセージ.JPG

最後に「日本の子どもたちへのメッセージ」を寄せた。

「日本にいる子どもたちよ。
君たちは今
人生で最も幸せな時間にいる。
経済的に価値のある人材となるための勉強ばかりして
早く大人になろうと急がないで。
遊んで、遊んで、子どもでいる幸せを
味わっておくれ。」


フジTVの番組の動画は下記です!
https://www.facebook.com/hiroshi.kanei.1/videos/786022374877354/




posted by ボチボチおばさん at 16:21| Comment(0) | 平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月10日

今、見るべき映画紹介

ドキュメンタリー映画『戦場ぬ止み』(いくさばぬとぅどぅみ)を観ました。
悔しくて、悔しくて、涙が溢れる。。。
戦争の傷跡が多く残る沖縄に、戦後、基地を押し付け続けている日本政府。
本土の私たち、日本国民は、沖縄の人々の苦しみ、悲しみを、どれほど我がこととして理解しているのだろうか?
今も続く米軍基地政策。
あの美しい海を失くしてまで基地を拡大することは、アメリカの戦争がいつまでも終わらないことを、意味している。。。。。
そして、今はもう、日本も参加することになった。
そのことに、日本国民全員は気が付いているだろうか???
日本には『憲法9条』があるのに、どうしてNOが言えないのか、言おうとしないのか???
多くの人に沖縄の現状を知って欲しいと思います!!
あの美しい海を、あのままに残すことが、私たち大人の責任です\(◎o◎)/!


12日にも、北九州市で上映会があります!
■10月12日(月祝)・八幡
子どもの館(黒崎コムシティ7階)
@11時〜 A14時〜
整理券 一般1000円  中高生・障がい者手帳提示500円 
問)080-1730-8895(八記久美子)

BUT 山口県のみなさん、もし待つことが出来るなら、
12月27日(日)に山口市内で、しかも三上智恵監督も来られて、上映会があるようです!!!
詳しいことが判りましたら、またおしらせしますね(^_^)/
 
《三上監督メッセージ》
この映画は、沖縄の負担を減らして欲しいなどという生やさしいものを描いてはいません。知事を先頭に、国と全面対決してでも沖縄がとめたいものは、日本という国で息を吹き返そうとしている「戦争」そのものです。それが見えているから、沖縄は屈しません。
辺野古のゲートや会場で彼らに襲いかかってくる権力は、警察、防衛局、海上保安庁にその姿を変え、素手の県民を押さえつけます。でもいくら押えられても、その口は歌を唄う。怒りの頂点を瞬間に笑いに変え、気力を盛り返す。撮影しながら、私は確かに地鳴りを聞きました。揺り動かされた「島ぐるみ闘争」の震動は、やがて激震となって、本土に到達するでしょう。
 
三上智恵監督・講演会
■日時…11 月 1 日(日)14 時
■場所…商工貿易会館 2 階大ホール
■資料代…一般 800 円 中高生・障がい者手帳提示 400 円
※チケットは、上記の映画上映会場で販売。
http://ikusaba.com/


● もう1本、メジャーな映画会社が作り、有名な俳優さんがたくさん出演されている映画ではあるのですが、
観た後に、何だか考えさせられる映画でした。
強くは進めませんが、見る価値はあると思うので。
こんな映画がメジャーな映画館で放映されるようになったのは、やはり福島原発事故のせいかと思います。
『天空の蜂』を観てきました!!
ハラハラドキドキのクライシス・サスペンス映画でしたが、色々と考えさせられました。
「群衆の沈黙」「見て見ぬふり」、その行きつく先はどうなるのか???
今の日本にかなり当てはまる気がします。原発だけでなく、政治も・・・。
「本当に狂っているのはだれなのか???」
映画ではうまく行っても、現実にはどうなるのか、、、考えておいた方がいいと思います(@_@;)
現実はうまくいかないことが多いので。。。
原発に関心のない人、原発反対の意志があっても行動に移さない人々、自分たちの無関心がこういうことにつながるということを考えて欲しい!!!
もう少し社会の裏側で真面目に生きている人々、虐げられている人々のことを、振り返る社会になって欲しい!!
もう少し原発作業員の悲惨さに時間を取って欲しかったと、私は思うけど。
宇部市内の映画館では、18日まで上映しているようです!!





●そして、戦争の現実、悲惨さを実感したい人には、『野火』をお勧めします。
しかし、私はこの映画を見る勇気がありませんが(-_-;)


しかし、もうあまり上映されていないようです。
http://nobi-movie.com/theater.html

しかし、一度は見た方が良いのかな〜?
またその内、上映されるのでは、と思います。
話題の映画ですので。



posted by ボチボチおばさん at 16:57| Comment(0) | 反戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。