2014年11月28日

『買弁』の国、日本。。。

またまた、選挙ですね(-_-;)
一体、何を問う選挙なのか?
私的には安倍コベ政権がこれ以上続いては困るので、ちょうどいいけど、また不正選挙でもなんでも、汚い手を使うのでしょうね(-_-;)

その証拠に、安倍が生テレビに出演して、街頭インタビューでアベノミクスを批判されたら、「こういうのばかり集めたんでしょ!」とブチ切れたものだから、自民党は、メディアに圧力を加えています!!
【衝撃スクープ】安倍政権が在京キー局に報道圧力 メディアは一切報じず
http://no-border.co.jp/archives/29109/
こんな御仁は、人の上に立つ器ではないです、恥ずかしいですね(-_-;)

ちなみに、安倍コベがこの2年間でしたことが、下記のイラストに描いてあります。
アブナイカクのしたこと.JPG
そして、私たちの大事な税金を、この2年間で1000兆円以上、外国にばら撒きました!!
日本国内が疲弊しているというのに、やはりこのボンボンは、『阿呆』です(*_*)
いつまでこんな奴らに騙され続け、奴隷で居続けるのでしょうか、日本国民は???


ところで、私は、国際的、歴史的にも鋭い視点で今の日本を見ている知識人を、日本人の中にも見つけました(^_^)/
内田樹(ウチダタツル)さんという、哲学研究者・思想家・倫理学者・武道家・翻訳家という肩書の方です。
以前から何度か、お名前は見た記憶があったのですが、私は作家だと思っていました。
その方の、ごく最近の講演会を文字お越しされたものが、下記です。

『資本主義末期の国民国家のかたち』 内田樹
http://blog.tatsuru.com/2014/11/26_1711.php

文中より引用
============================
植民地において、植民地原住民であるにもかかわらず、宗主国民にすりよって、その便宜をはかる代わりに、政治的経済的な見返りを要求するものは清朝末期に「買弁」と呼ばれました。今の日本の指導層は、宗主国への従属的ポーズを通じて、自己利益を増大させようとしている点において、すでに「買弁的」であると言わざるを得ないと僕は思っています。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
フィリピンもそうです。一旦は米軍基地を邪魔だから出て行けと追い出しておきながら、南シナ海で中国との領土問題が起きてくると、やはり戻ってこいと言い始めた。言っていることは首尾一貫していないようですが、首尾一貫している。自国の国益を最優先している。

その中にあって、日本だけが違う。それぞれの国が自国の国益を追求していって、他国の国益との間ですり合わせをしていって、落としどころを探していく。これが本来の主権国家同士の外交交渉のはずですが、日本だけはアメリカ相手にそういうゲームをしていない。アジア諸国がアメリカと五分でシビアな折衝をしている中で、日本だけがアメリカに何も要求しないで、ただ唯々諾々とその指示に従っている。それどころか、近隣の国がアメリカ相手に堂々とパワーゲームを展開しているというニュース自体が、日本ではほとんど報道されない。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ふつう「こういうこと」は主権国家では起こりません。これは典型的な「買弁」的な行動様式だからです。植民地でしか起こらない。買弁というのは、自分の国なんかどうだって構わない、自分さえよければそれでいいという考え方をする人たちのことです。日本で「グローバル人材」と呼ばれているのは、そういう人たちのことです。日本的文脈では「グローバル」という言葉をすべて「買弁」という言葉に置き換えても意味が通るような気がします。文科省の「グローバル人材育成」戦略などは「買弁人材育成」と書き換えた方がよほどすっきりします。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今、アメリカから見て、日本というのは非常に不可解な国に見えていると思います。
かつての吉田茂以来の日本のカウンターパートは、基本的に日本の国益を守るためにアメリカと交渉してきた。その動機は明確だった。けれども、ある段階から、そうでなくなってきてしまった。対米従属戦略が面従腹背の複雑なタクティクスであることを止めて、疑い得ない「国是」となってしまった。それによって日本の国益が少しも増大しないにもかかわらず、対米従属することに誰も反対できない。そういう仕組みが四十年間続いている。
そうすると、アメリカは日本の政治家をどう見るか。交渉する場合、日本の代表者が自国の国益を増大しようと思っているのであるならば、そこで展開するゲームには合理性があるわけです。アメリカの国益と日本の国益というのは、利害が相反する点があり、一致する点がある。そのすりあわせをするのが外交だった。ところが、いつのまにか、あきらかに日本の国益を害することが確実な要求に対しても、日本側が抵抗しなくなってきた。そのふるまいは彼らが日本の国益を代表していると考えると理解できない。日本を統治している人たちが、自国の国益の増大に関心がないように見えるわけですから。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今、日本が主権国家として再生するために、僕らに必要なものもそれに近いような気がします。存在しないもの、存在しないにもかかわらず、日本という国を整えて、それをいるべきときに、いるべきところに立たせ、なすべきことを教えてくれるようなもの。そのような指南力のある「存在しないもの」を手がかりにして国を作って行く。
日本国憲法はそのようなものの一つだと思います。
理想主義的な憲法ですから、この憲法が求めている「専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去する」ことはたぶん未来永劫実現しない。地上では実現するはずがない。でも、そのような理想を掲げるということは国のかたちを整える上で非常に有効なわけです。何のためにこの国があるのか、自分の国家は何を実現するために存在するのかということを知るためには、我々が向かっている、ついにたどりつくことのない無限消失点なるものをしっかりとつかまなければいけない。それなしではどのような組織も立ちゆきません。
============================

鳩山由紀夫元首相が、沖縄の普天間基地を国外か、最低でも県外に移設するように要求した時に、国中で鳩山さは批難されました。
今振り返ると、鳩山さんは、アメリカから主権を取り戻そうとされていたのだと、私もようやく気づきました(-_-;)
鳩山さんにも、それだけの気概があったかどうかは、判りませんが、惜しいチャンスだったとは思います。

とても長いですが、今、日本を、国際的にも、歴史的にも捉えている、素晴らしい講演です!!
最後まで、何度もお読みください<(_ _)>

そうか、それで、この国はいつまでも立ち直れないのか、と納得しました!!
国のトップからして、自分や自分の周辺だけのことしか考えない。
政治家も官僚も、財界人はもちろんのこと、役人もエリートも、一部の学舎も、そして私たち国民も……。
「買弁」だらけ……。
これでは、この国は潰れますね(-_-;)

さぁ、未来の世代のため、未来の地球のため、私たちはどうしたらいいのでしょうか?
あの理想的な「憲法」を、私たちはどうやって守ったらいいのでしょうか?

よく、じゃ外国から攻められてきても、何もしないのか?と聞かれます。
私は、非暴力の国を攻める国こそ、国際的に非難されるべきだと思います。
軍隊を持たない、非暴力だからこそ、国際的に信用してもらい、活躍の場が広がると思います。
コスタリカのように。

とにかく、選挙には、必ず行きましょう(^_^)/
そして、今すぐ目の前の問題ではなく、未来の世代・地球のためにどうしたらいいのか考えながら、投票しましょう。
自民党・公明党・次世代の党・維新の党、そして民主党の一部に入れない方が……。
と言ったら、もう入れる候補者が無いかもしれない……(*_*)
これが今の日本の姿なのです(-_-;)
選挙グリーンピース.ポスター.JPG
http://www.greenpeace.org/japan/ja/campaign/nonuke/senkyo/


ではお口直しに、
こんな曲が1970年代に歌われていたのですね〜(^_^;)
もっとも、放送禁止曲だったらしいけど(^_-)
なんだか、今の時代とも通じる気がします!!
『くそくらえ節』 岡林信康
https://www.youtube.com/watch?v=kv03261ldZ0&feature=share
石原慎太郎のことも歌ってますね(^_-)
岡林信康さん、今どうして黙っているんだろう?
公安が睨んでいるので、面倒なのかな?
若いミュージシャンの方、頑張って〜!(^^)!
posted by ボチボチおばさん at 14:20| Comment(0) | 真実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月14日

日本は、大丈夫か???

鹿児島県の川内原発再稼働問題、県民の反対意見(80%が反対だそうです)も無視して、地元薩摩川内市も鹿児島県知事も、勝手に決めてしまいました(-_-;)
そしてこのことを、日本ではなく、海外のメディアが報道しているのです!!
http://www.bbc.com/news/world-asia-29947564
(動画部分をクリックしてください。)
鹿児島県議会傍聴席2.JPG
日本の市民のみなさん、自分たちの問題ですよ!!
現場に居た知人(実はこの動画に写っています)が、「地元の人が集まっていない」と言ってました。
アーサー・ビナードさんも、広島の講演会で、夏に沖縄の辺野古に行った時に、「反対派の人が少なかった。あれが1万人でも集まっていれば、絶対に止められるのに。」と言われていました。
私もすべての抗議活動に参加していませんので(出来ませんが)大きなことは言えませんが、せめて地元の人が、もっと関心を持ってくれたら、と思います(-_-;)

ちなみに、浜岡原発を抱えている、川勝静岡県知事は、下記の発表をしています。
浜岡原発の再稼動について 川勝知事「11市町の同意必要」


この認識の違いは、どこから来るのでしょうか?
どちらも、市民が選挙で選んだ知事ですが…。

その上、私たちが出した パブリックコメント(国民の意見)を、安倍内閣は無視 したという結果が明らかになりました!!
『脱原発の声9割超 パブコメ、基本計画に生かされず』
http://digital.asahi.com/articles/ASGC444QXGC4ULZU005.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASGC444QXGC4ULZU005
パブコメ.JPG
これを全く無視して、今の安倍内閣(私は「アブナイカク」と読んでいます!)は、「原発推進!」と言っているのです(*_*)
私たち国民が意思を表明できる手段の一つ、パブリックコメントを無視するとは、、、。
もはや、この国は北朝鮮か?と思ってしまいます(;_:)

しかもその上に、原発の延命は私たち国民の負担でまかない、電力会社の収益は保障される相談が、着々と進んでいるようなのです(-_-メ)
『原発 国民負担続く 電力会社を優遇、収益保証』
東京新聞2014年11月14日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2014111402000126.html

イヤハヤ、もう言葉がありませんね(-_-;)

そして大した大義もないのに、選挙をしようとしている。
今、選挙をしても、勝ち目があるからなのです。
私たち市民が、応援したい議員があまりいない、それを見越しているのです。
本当に狡い自民・公明党です(*_*)
みなさん、自分の思いを反映してくれる党と候補者は誰なのか、しっかりと見極めましょう!!

嘆いていても仕方がありませんからね。
私は自分の出来ることをします。
あとで後悔の無いように。


☆11月16日に、山口県周南市で、集団的自衛権に反対して、下記の集会・デモがあります。

http://nowaryamaguchi.blog.fc2.com/
https://www.facebook.com/events/589372247835460/?fref=ts
no war 山口.JPG

NO WARやまぐち周南集会
日 時:11月16日(日曜日)13時〜16時(小雨決行)
    13時〜14時 マルシェ、一言発言、ライブ
    14時〜15時 メインスピーチ:纐纈厚氏(山口大学副学長、専門は日本政治史、とくに政軍関係)
    (チラシに載っている泥憲和氏は体調不良のため来られなくなりました。)
    15時〜16時 市内をデモ行進
場 所:児玉公園(山口銀行徳山支店東となり、徳山小学校西となり)
問合せ:090-8715-4842(原田さん)
*デモに参加される方は、プラカードやゼッケンなど、ご用意ください。
このまま、市民が黙っていると、今の政権はやりたい放題で、戦前の日本に戻そうとしているように見えます。
今こそ、市民が声を上げる時です!!
たとえ選挙があるにしても、市民の意志を示しておきましょう〜(^_^)/
なるだけ多くの方に参加して頂きたいと思います!


尚、前日の15日には、日本国憲法がつくられた時のことを映画にした『日本の青空』の上映会があります。
日 時:11月15日(土曜日)@9:30~11:36 A12:00~14:06 B14:30~16:36
場 所:周南市民館大ホール
入場料:前売り1000円(当日1200円 中・高校生500円)
問合せ:090-1913-5037(形岡さん)
戦後の日本が60年もの間、かろうじて戦争をすることなく歩んでくることができたのは、この“平和憲法”があったからこそです。 しかし今、この“平和憲法”を「戦争のできる」憲法に変えてしまおうとする動きがあります。
一方で、平和憲法守りたいという運動が広がる中、私は、“映画人として”憲法を守る運動に参加したいと考えていました。・・・(「日本の青空」製作委員会委員長 プロデューサー 小室皓充 ごあいさつより引用)

☆11月17日(月)夜には、詩人のアーサー・ビナードさんの講演会が萩市であります。
『日本のスペシャル・シークレットをばらしましょう』
https://www.facebook.com/events/339117946269706/?fref=ts
ビナード講演会萩市チラシ.JPG
日 時:11月17日(月)19:00〜21:00
場 所:本行寺 萩市北古萩67 TEL0838-22-1257
参加費:999円(中・高校生 無料)
問合せ:090-2942-1364(浅野さん)

12月10日に、『秘密保護法』が施行されようとしています。
秘密保護法は、何が問題で逮捕されたのかも判らないという、酷い法律です。
みなさん、このまま日本は戦前のようになっていいのですか?
ご都合のつかれる方は、どうぞご参加ください。
*車で来られる方は、どうぞ市営駐車場をご利用ください。

いずれも、最近とても冷えて来ていますので、参加される方は、どうぞ暖かくしてお出かけください(^_^)/



posted by ボチボチおばさん at 16:38| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月08日

11月16日No Warデモ&17日アーサー・ビナードさん講演会 in 萩

ご無沙汰しています(^_^)/
次から次と忙しい毎日で、ボチボチおばさんとしては、とても疲れる毎日です(-_-;)

前回に書いた記事の、10月22日にアーサー・ビナードさんが山口地方裁判所で行われたスラップ訴訟の傍聴に来られた時の報告が、まだでしたね(-_-;)
ビナードさん県庁前.JPG
そこでの発言を紹介します。

「今、中国電力を支えているのは、ここに集まっている上関原発に反対している皆さんです!もし上関原発が出来たら、中電はとても大きな負債を抱えることになります。中電は、こんなにも中電を愛してやまない皆さんに、感謝しなければならないと思います(笑)また中電は、このスラップ訴訟を起こしたことで、ならず者企業、悪へ転落しようとしている。それから救う方法はただ一つ、上関原発を皆さんの力で建てさせないことです!!今はヒロシマで例えるなら、1945年の8月6日の前日の、8月5日です。まだ原爆は投下されていない。まだ原発はつくられていない。今なら、みんなで力を合わせて止められます!!
このスラップ訴訟のことを多くの人に知ってもらうために、今日ここに来られた人が家に戻って5人の人に伝えましょう。そしたら次回の公判では、抽選の札も足らなくなって、裁判所の人も、てんやわんやの大騒ぎになることでしょう(笑)次回の公判にも、僕はまた来たいと思います!」

「中電の株の9%を持っている山口県は、もっと中電に注文を付けるべきです!命を守ろうとしている人たちを苦しめないで、早く決着をつけるように、促すべき!!」

多くの人に伝えるのが、私の役目ですね(^_-)
遅くなってご免なさい<(_ _)>
次回は、来年1月27日(火)です!!
多くの人が参加しましょう〜(^_^)/


ところで、またまた、ビナードさんが山口県にやって来られるのですが、その前に、、、

11月16日(日)に、集団的自衛権に反対して、山口県周南市で集会とデモがあります!!

no war 山口.JPG

「NO WAR やまぐち ピース行動 in 周南」へ参加しませんか?
   今、声を上げる時です!

集団的自衛権行使容認の閣議決定に反対です。
私たちは、平和を求める市民の集まりです。自・公政権による集団的自衛権行使容認の閣議決定に対し、戦後守ってきた平和憲法が葬り去られる危機感を抱いています。
 同じ思いのみなさん、安倍首相、高村副総裁の地元である山口県から「戦争のできる国」にさせない意思を示しましょう。
その行使は戦争につながります
 私たちのまわりには漠然とした不安と危惧があるにもかかわらず、戦争など起こるはずもないと思っている人も多くいます。ところが、あの太平洋戦争前夜でも文化的には円熟期で平和的な雰囲気さえ漂っていたと言われています。そして泥沼の戦争に突入、数千万人の死をへて敗戦を迎えた時、多くの人々は初めて「だまされていた」と気づきました。
それから69年、「日本を取り戻す」という安倍首相の掛け声の下、秘密保護法で情報を隠し、武器輸出で世界の紛争をあおり、そして平和憲法を死に追いやる集団的自衛権行使容認を閣議決定しました。
今また、忍びよる戦争への足音が聞こえてきます。再び「だまされた」と言わないため、今こそ一緒に戦争はノーの声を上げましょう!
           「NO WAR やまぐち ピース行動 in 周南」実行委員会
http://nowaryamaguchi.blog.fc2.com/

NOWARやまぐち周南集会
11月16日(日曜日)13時〜16時(小雨決行)
   13時〜14時 マルシェ、一言発言、ライブ
   14時〜15時 メインスピーチ:泥憲和
        「元陸上自衛隊三等陸曹。退官後平和活動に携わっている。
        「戦争をする国づくりストップ!はりま共同センター」代表」
   15時〜16時 市内をデモ行進
   場所:児玉公園(山口銀行徳山支店東となり、徳山小学校西となり)

多くの人に、是非とも参加して頂きたいです!(^^)!
今のまま放っておくと、12月10日には秘密保護法が施行され、言いたいことも言えなくなる世の中になります。
それを決めたのは、あの山口県出身の安倍コベです(-_-;)(恥ずかしいったら、ありゃしない。世界中の笑いものです(;_:))
山口県民の皆さん、このまま、自由に言いたいことが言えず、知らない間に戦争へ借り出されてもいいのですか?
嫌な方は、他の用事をキャンセルしてでも、この集会とデモに参加してくださ〜い(^_^)/
今、声を上げなくて、いつ上げるのですか???私たちのこれからの未来がかかっているのです!!



そして、翌日の11月17日に、アーサー・ビナードさんの講演会が萩市で開かれます!!
ビナード講演会萩市チラシ.JPG

またまた、ビナードさんにお会いできるなんて、嬉しいじゃありませんか!(^^)!
演題は、12月10日の秘密保護法施行に向けて
『日本のスペシャル・シークレットばらしましょう』

但し、会場が100名ぐらいしか入れないお寺なので、参加されたい方はお早めに、お出かけください。
https://www.facebook.com/events/339117946269706/?fref=ts

日 時:11月17日(月)19時〜21時
場 所:本行寺 萩市北古萩67 TEL0838-22-1257
参加料:999円(中・高校生は無料)当日、受付にてお支払いください。
問合せ:090-2942-1364(浅野さん)
*車で来られる方は、事前にFacebookの萩市内の駐車場をご覧になって、決めて来られた方が良いと思います。
*本の販売も少しあるので、サイン会もあります。


なんだか、素敵なお話が聞けそうですね♪
ワクワクしますね(^_^)/

【付録】
11月3日に、ビナードさんは山本太郎さんと対談をされています。
こちらもごゆっくりご覧ください<(_ _)>
『山本太郎×アーサービナード 暴政の安倍政権を止めるにはどうするか』


今回もてんこ盛りになって、スミマセン(^_^;)
またまた、今週末から来週にかけて、忙しくなりそう(^_^)/



posted by ボチボチおばさん at 11:31| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。