2017年02月16日

2/18長生炭鉱水没事故75周年 犠牲者追悼集会

今年も、またその時期になりましたね(-_-;)
山口県宇部市西岐波の床波漁港近くにある長生炭鉱追悼広場で、
長生炭鉱水没事故の犠牲者追悼集会が、開催されます。
詳しくは下記のURLをご覧くださいm(__)m
http://www.chouseitankou.com/
韓国より観音宗の僧侶・信者の方々約80名が来日・お祈りをされる予定だそうです。

長生炭鉱追悼集会チラシ2017表.PNG

長生炭鉱追悼集会裏.PNG
(チラシは、上記のURLにありますので、詳しくご覧になりたい方は、そちらをご覧くださいm(__)m)

昨年も韓国からたくさんの僧侶の方が来られ、韓国仏教の追悼の儀式の素晴らしさに感動しました(^^)/
日本とは違い、尼さんが優雅に踊られて、見とれてしまいました。

今年もたくさんの僧侶の方や、そのほかご遺族の方が参加されます。
強制連行されて連れてこられた場所で、過酷な労働を強いられ、水没事故で命まで落とされた朝鮮の人々。
その人々の気持ちを考えると、とても悲しく、何もしない日本政府に強い憤りを感じます!!
水没事故後75年過ぎた今も、一体の遺骨も収拾されていないという、お粗末な日本の現実(@_@;)
本当に悲しいですね。。。。。

海の近くでとても寒いので、参加される方は、体調を整え、暖かい服装でお出かけくださいm(__)m


もう2年半前になりましたが、詩人のアーサー・ビナードさんが、この長生炭鉱水没事故について書かれたエッセイ『非常識?』が下記です。
2年半経っても、あまり変わらない現実、、、日本人はどうして韓国の人々のように、政治に関心を持てないのでしょうか(+_+)

*******************************

    『非常識?』
                アーサー・ビナード


 このごろ、地下鉄の駅構内を歩いていて「非常口」と書かれた標識が目に入ると、つい炭鉱のことを思い浮かべる。コンサートホールでオーケストラの演奏に聞き入っていても、ふと「非常口」の誘導灯を見上げれば、一瞬その向こうに坑道の闇が覗けた感覚を味わう。デパートでも飲食店でも近所の郵便局でも、白地に緑色のあの人間が早足に逃げる形の「非常口」のマークに遭遇すれば、ぼくは逃げられなかった坑夫たちのことが想像されてくる。
 日常生活でたびたび見かける「非常」と、日常生活から遠くなった「炭鉱」とが、ぼくの中で強烈につながったのは、山口県の宇部を訪れたときだ。地元の友人の車に乗せてもらい、瀬戸内海の海岸線に沿ってしばらく走り、途中で民家も店もほとんどないところがあった。そしてそこの海から二つの巨大な筒だけがニョキッと突き出ていた。一本は浜辺に近い位置に、もう一本はかなり沖の方に、太さはほぼ同じで、直径二メートルか、三メートルくらいか、いや、もっとあるかも……「あれって、煙突?」とぼくが聞いたら、友人は教えてくれた。「通気口というか排気口というか、炭鉱の用語ではピーヤと呼ばれるもので、その両方で換気をやって、坑内にたまる海水もポンプで汲み上げて排水した」
 車を止めて波打ち際まで下りると、長い年月がピーヤのコンクリートに刻んだ無数の腐食の跡が見え、今でも原形を保っていることが不思議に思えた。「長生炭鉱」という名のもと、ここで本格的な石炭の採掘が始まったのが1932年だという。道路の陸側に坑口があって、そこから瀬戸内海の下をぐんぐん掘り進み、二本のピーヤの延長線上に坑道が遥か沖合へ伸びて、枝分かれしながら広がっていたらしい。
 どんな鉱山でも「落盤」は恐ろしいものだが、海底炭鉱でそれが発生すると最悪の場合、頭上から海底そのものが一気に崩れ落ちて、全てが海に呑み込まれてしまう。宇部の長生炭鉱は1942年2月3日の朝、沖合1キロメートルあたりで崩壊して、働いていた183人の命が奪われた。
 二十一世紀の常識の範囲内で考えると、それは例えば「水没事故」といった表現になるが、長生炭鉱の実態を掘り下げてみると、「事故」の定義とはまったく噛み合わないことがわかる。当時は国家が石炭の増産に力を注ぎ、企業は暴利をむさぼりながら安全性を大胆に軽視していた。いつかは落盤すると想定した上で、それを現場には伝えず、労働者をこき使ってぎりぎりまで採掘させようというのが、どうやら基本方針だったようだ。水没の前兆である漏水は日常茶飯事に起きていたというし、それを無視して作業を強引に続けたし、しかも亡くなった183人のうち、136人が朝鮮半島から連れて来られた労働者だった。
 不慮の事故ではなく計画的な人災だったからこそ、当時の日本語では「事故」とはいわなかったのかもしれない。「長生炭鉱水没事故」と呼ばれれば、下々の人々の思考はつい「事故原因」へ向かってしまう可能性もある。どう転んでも責任追及にはつながらない、だれのせいでもないイメージを醸し出す表現が採用され、正式名称は「水非常」となった。
 実は山口県に限らず九州でも北海道でも、炭夫たちが犠牲になる爆発や水没を「非常」と呼んでいた。ガスによるものを「ガス非常」といったり、何百人も死亡した場合は「大非常」といったりした。瀬戸内海が流れ込んだ長生炭鉱の坑道には、今も183の遺体がそのままになっている。その放置の浜辺に立ってぼくは「水非常」を覚え、国語辞典にも載っていないこの日本語は、だいぶ月日が過ぎても心から去っていかない。責任というものを考える上で、重要なキーワードなんじゃないかと、次第に感じるようにもなった。

 思い起こせば「長生炭鉱水非常」から三年半が経って、日本政府が1945年8月15日に発表した「終戦の詔書」の中でも、同じ「非常」が重要な役割を果たしていた。
 「朕深ク世界ノ大勢ト帝国ノ現状トニ鑑ミ非常ノ措置ヲ以テ時局ヲ収拾セシムト欲シ茲ニ忠良ナル爾臣民ニ告ク」
 失敗も誤算も虚偽も落ち度すら触れずに、「帝国ノ現状」の具体的な問題に一切言及しない文脈で、綱渡りよろしくどうにか「告ク」までたどり着けたのは、ひとえに「非常ノ措置」の曖昧さのおかげだ。なんとも重宝する言葉であり、しかも多用された時代が忘れられようとしているので、ほとぼりはもう醒めているといえる。となれば、ひょっとしてこれから権力者と企業に「非常」がふたたびキーワードとして、採用されるのか。
 2011年から始まった原子炉のメルトダウンの対応を検証すれば、言葉のまやかしは明らかにその方向に進んでいることがわかる。そもそも日本国民に核分裂をエネルギーとして売り込み始めたとき、「安全性」を異常なまでに強調した。なぜなら、本当は安全ではない猛毒と破壊力の集合体だからだ。でも「原子力安全委員会」だの「原子力安全・保安院」だの、PRキャンペーンを担う組織の正式名称にまで「安全」を盛り込んだので、のちに福島第一原子力発電所が大破した際、政府はそれを「原発事故」と称して、いくらかの矛盾も認めざるを得なかった。
 ただし、責任は認めなかったのだ。そして「新基準」という新たなPRキャンペーンが開始されて巧妙に勧められ、いつの間にか「安全」という単語が、原子力行政からピンポイントで摘出された。今後は「原子力規制委員会」が、原発の自然災害対策などが新基準を満たしているかどうか判断して、再稼働のために必要なお墨付きを与える。しかし原発が安全か否かについては、触れないつもりらしい。
 鹿児島県の川内原子力発電所の合格に関しては、原子力規制委員会の田中俊一委員長は七月中旬、記者会見でこう述べた。「安全だということは、私は申し上げません。再稼働の判断には関わりません」
 同じ原発の合格について質問を受けた日本政府のスポークスマン、菅義偉官房長官はこう答えた。「原発の安全性は規制委員会に委ねている。個々の再稼働は事業者の判断で決めることだ」
 つまり正式には、法的には、だれひとり「安全」だとはいわないので、再稼働のあと、またもや制御不能に陥ったとしても、明確な矛盾はないのだ。責任を問わない、この言葉の流れの延長線上にあるのは、「原発事故」の改名ではないかと思う。少なくとも、次回は相当の工夫がその呼び名に加えられるだろう。もしかして「原発非常」とくるのか、いや、名称に「原発」もいれないほうがもっと責任逃れしやすくなるので、炭鉱用語にならって「津波非常」や「地震非常」、それから薩摩川内がメルトダウンをきたした場合、「火山非常」と呼ぶのかも……。
 ペテンの技術は脈々と受け継がれて、二十一世紀の権力者と企業は、ちゃんと歴史から学んでいることは確実だ。ならば、ペテンを浴びせられる下々のぼくらも、必死に言葉の護身術を身に付けなければ、いつまで経ってもエジキにされるだけ。終戦記念日を待たずに「終戦の詔書」を読み直すのもいい。人災の悪循環から抜け出る非常口を、切り開きたいものだ。

DSCF1441.JPG

******************************


posted by ボチボチおばさん at 11:50| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

既に、安倍でんでんの独裁国家ですよ!!!!!

みなさん、お久しぶりです\(◎o◎)/!

パソコンが壊れたり、猫たちに悩まされたり、色々と忙しくて、ご無沙汰しました。
ご免なさいm(__)m

ところで、昨年夏の参議院選挙後から、ますます日本の政治状況は悪化の一途をたどっています(-_-;)

せっかく山本太郎議員が、参議院本会議で鋭い質問立て続けにされたのですが、なんと、安倍でんでん政権※は、それを議事録に残さないでおこうという「必殺技」を使おうとしています(+_+)

※『安倍でんでん政権』という名前については、安倍コベ総理が「云々(うんぬん)」を読めなくて「でんでん」と読んだことに由来します(笑)
「云々」が読めないのも恥ずかしいけど、官僚が書いた文章そのままを読んでいる総理大臣、、、これが日本の代表とは、情けなや〜〜〜(*_*)
そういえば、この『でんでん』と読んだことも、議事録から消すんだって(@_@;)
今年の流行語大賞になるかもしれないのにね(^_-)(まだ1月ですが(^_^;))

なぜ残したくないか、それは安倍でんでん政権にとって、都合が悪いからです(-_-;)
都合の悪いことは消す、まさに独裁政治ですね。。。
感の鋭い読者の皆さんは、もう判りますね!
これでも黙って何もしない方は、もうこのブログはスルーしてください\(-o-)/

まずは、山本議員の質問と、それに答えた安倍でんでんの動画です。
2017年1月25日 参院本会議 山本太郎議員代表質問

山本議員の質問の方法、ここまで言うのは失礼ではないかという方もいらっしゃると思いますが、今の日本の状況を見ていて、ここまで言わなければ判らない人々があまりに多過ぎるので、『よくぞ、言ってくれた!!』と、私は痛快な気分になりました(^^)/
それに答える安倍でんでん総理は、官僚の書いた文章をそっくりそのまま棒読みするだけ(-_-;)
もしかして官僚が文字を書き間違えても、またそのまま読んで恥をかくってことに、気が付かないんだろうな、この御仁は…(-_-;)
(最近の官僚も、何だかいい加減な人が多いような気がするのは、私だけでしょうか?)

もし文字で読みたい方は、下記のブログを開いてくださいm(__)m
丁寧に文字起しをされていますので。
『文字起し』
http://useful-info.com/yamamototaro-representative-questions-in-diet
もし議事録から消されても、この文字起しを、ドンドン拡散しましょう!!!

この中にも書かれていますが、この山本議員の渾身の質問を、安倍でんでん政権は、議事録から消そうとしているのです(ー_ー)!!
事実を消そうとしているのですよ!!!
嘘で塗り固めるピノキオ政治、いつまで続くことやら(+_+)

しかも以前にも、安倍でんでんご自身がのたまわった発言『私は立法府の長です。』(本当は『行政府の長』)を議事録から消している事実があります(-_-;)
『不都合な真実』はドンドン消して自分に都合の良いことだけを残す、これがどうやら安倍でんでん政権が言う『美しい日本』の実態のようです(@_@;)
こんな日本でまだ大人しく我慢できる方、もう貴方は完全に、安倍でんでん政権の奴隷です(T_T)

次から次へと問題ばかり起こす安倍でんでん政権に任せていては、山本太郎議員ではないけれど、地獄一丁目にたどり着くだけです(T_T)
本当に、一刻も早く総理大臣の椅子から立ち去って欲しい、、、心から強く、強く、強く、願っています\(-o-)/
願うだけでなく、行動も少ししています!

村上さとこさん.PNG
1月29日(日)は、北九州市議会選挙の投票日です!
長年、脱原発・護憲などで活動されている『村上さとこさん』の応援をしています\(◎o◎)/!
八幡西区のみなさん、
村上さとこさんは、無所属ですが、社民党・自由党・緑の党の推薦候補です!
ずば抜けて明るく、行動力もあり、また正義感にとても強い人間です!!
命と平和を大切にする市民活動に積極的に参加さてれおり、北九州市民の暮らしが、安心・安全で平和なものになるように、精一杯、頑張ります\(◎o◎)/!
29日には、村上さとこを、どうぞよろしくお願い致しますm(__)m
山本太郎さん、福島みずほさんも、村上さんをとても応援しています(^^)/
北九州市八幡西区にご家族・親戚、お友達のいる方は、ぜひ、今日中に連絡してくださいね!!
https://www.facebook.com/村上さとこと未来をつくる会-364862420560755/?fref=ts


読者の皆さんも、ただ状況を眺めているだけでは、ドンドン地獄1丁目に近づくばかりですよ(@_@;)
安倍でんでん政権の暴走を止めるために出来ることはないか、自分でよ〜く考えて行動しましょう\(-o-)/


安倍でんでんは、日本を戦争ができる国にするために、『共謀罪』まで成立させようとしています(@_@;)

















posted by ボチボチおばさん at 17:07| Comment(0) | 脱原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月12日

こうけつ厚さんの言葉&『諦めちゃダメだよ!』&御礼

昨夜、こうけつ厚さんの記者会見会場(山口市)に行きました。

多分落選されるだろうとは思いましたが、一言、お礼を言いたくて、頭痛がしたけど薬を飲んで行きました(^_^;)
私の仲間によると、もしダメならこの悔しさをバネにするという意味でも、記者会見会場には来た方が良い、と言っていました。
また、仲間や友人たちと悔しさや情報を共有できますからね(^_^)/
聞き取れた部分だけ、メモしました。

記者会見場のこうけつさん.JPG
(後ろの「必勝」の書は、お兄様より)

こうけつさん、とても清々しい笑顔で登場されました。
『立候補したことはとても良い経験になりました。大学の中に居たのでは判らなかったことを、たくさん学びました。今日は、ほんの通過点に過ぎません。これからの更なる闘いの始まりの第一歩です。』
『野党共闘はとても素晴らしかった。今までどうしてしなかったんだろう、と思いました。これからも野党共闘と市民の応援とで一緒に頑張りましょう。』
『山口県の中では、まだ政治は利益誘導のビジネスという捉え方をしている人々が多い。政治はビジネスではありません。政治は思想信条をもとにやるものです。これを拡げなくてはいけない。』


本当にそう思います!!
こんな事を教えてくれる候補者は、二度と現われません!!!
山口県民は、きっと後で、とてもとても後悔することでしょう。。。。。

こうけつさん、本当にお疲れ様でしたm(__)m
また立候補してくださり、私たちに夢を見させてくださって、本当にありがとうございましたm(__)m
敗れたからといって挫折するのではなく、その経験を活かし、また闘う勇気を持つことを教えて頂きました。
本当に、本当に、ありがとうございましたm(__)m

いつかご縁があったら、また一緒に頑張りましょう\(◎o◎)/!
それまでに山口県民を教育し直さなければ!!!



これぐらいで諦めたらダメだよ、という激励の文章をFacebookの中のある人より

『参院選の結果は予想できたものだったはず。
「このくらいで」絶望してちゃだめでしょう。
沖縄の人たちがここまで来るのに、どれだけの努力を積み重ねてきた!?
韓国では民主化のためにどれだけ血を流したのか、台湾は?
最近の香港もそう。
あるいは、中南米の人たちは!

戦後日本社会の「平和と繁栄」は、他のアジア地域や沖縄を犠牲にして成立してきたのだ。
日本の民主主義はそういうもんだ。
わるいけど。

日本の民主主義は「終わって」なんかないよ。
最初からなかったんだから。ないものを終わらせることはできない。

戦前〜戦後、わたしたち日本人民衆が支配権力を倒し否定して、社会を根本から変えて、民主主義を獲得するような大衆的な大闘争をしたことがあっただろうか?
こんなもんで泣き事いってたら、アジアの人たち、沖縄の人たちに顔向けできない。』



友人・知人で投票をお願いした人に、お礼の気持ちを伝えましょう(^_^)/

負けたとはいえ、お礼をするべきです!
座間宮ガレイさんが、いつか言われていましたが、保守陣営はそれをキッチリやっているから、次につながっているんだと。

昨日、あるお店に行ったら、「こうけつさんが落ちて、夫婦二人で落ち込んでいた所だった。」と言われました。
選挙中は忙しくて立ち寄れず、表立って応援にも来てはくださらない方たちでしたが、陰ながら応援されていたことが判り、少し嬉しくなりました。
そういう人たちにも、こうけつ厚さんが言われていた「今は通過点だから、諦めてはいけない。政治はビジネスではなく、思想信条が基本だ。」ということを伝えましょう(^_^)/

私のブログを見て、こうけつさんを応援してくださったみなさん、どうもありがとうございましたm(__)m
これで終わったわけではないので、これからもよろしくお願いします!(^^)!


本物の民主主義を育てるのは、本当に労力と時間がかかりますね(^_^;)



posted by ボチボチおばさん at 01:52| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。